株式とは

株式は、株式会社を作る際に、資金を調達する目的として、株式会社が発行するものです。一般的には資金集めのために、発行される場合には株式市場という市場を通して取引が行われます。名前と番号がそれぞれの株式に割り当てられるのですが、その名前のことを、銘柄と呼び、番号のことは銘柄コードと呼んでいます。そして流通市場で株式は売買されることになり、それぞれの株式には価格が設定されていきます。価格は株価と呼んでいます。

投資家達は、証券会社を通さなければ株式を買うことができませんが、株式が手に入れば、その会社の株主ということになります。以前は、株券と呼ばれる券が発行されていましたが、現在は電子化が進み2009年の1月5日からは株券は廃止されて、金融機関の口座などで株が管理されるという流れです。株式会社は株をなぜ発行して、資金を調達するのか。それは一般的な株式会社は、社員に支払う給料も、新商品を開発する費用も、設備を整える事業活動なども、多額の費用が必要です。費用を調達する方法は銀行からお金を借りる、株式を発行する、自分の蓄えていた資金などでまかなうといった三つの方法になります。

銀行から借り入れた場合には返済する義務がありますが、株式で株を発行するときには、返済しなくてもいいのです。もちろん株主になった人に対しては、定期的に会社の状況を報告するのが義務ですが、借り入れに比べると返済義務が無いのが特徴です。

株式会社は今の日本では100万以上の会社があるといわれています。

外貨MMFの利回り比較
外貨MMFの比較情報サイト。国内トップクラスの外貨MMF会社の取り扱い通貨や利回り、為替手数料をランキング一覧で徹底比較。
xn--mmf-1b8e998t.tv/